国際教育開発論 : 理論と実践

黒田一雄, 横関祐見子 編

開発・人権・平和のために、国際協力における教育の重要性が高まっている。すべての人に教育を受ける権利を保障するためには何が必要か。途上国における教育機会を拡大し、その質の向上をめざす国際教育開発論の、初めてのスタンダード・テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際教育協力の潮流
  • 第1部 国際教育開発の理論(教育学からのアプローチ
  • 社会学からのアプローチ
  • 経済学からのアプローチ)
  • 第2部 教育段階別の課題(初等教育
  • 中等教育
  • 高等教育
  • 識字・ノンフォーマル教育
  • 産業技術教育・職業訓練)
  • 第3部 国際教育開発のグローバルな課題(ジェンダーと教育
  • 教育と健康
  • 紛争後の教育復興)
  • 第4部 国際教育開発研究の分析手法(教育開発研究の方法論的課題と実践
  • 教育と開発に関する分析手法
  • 教育改善のための分析手法
  • 教育現場における調査技法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際教育開発論 : 理論と実践
著作者等 横関 祐見子
黒田 一雄
書名ヨミ コクサイ キョウイク カイハツ ロン : リロン ト ジッセン
書名別名 Kokusai kyoiku kaihatsu ron
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.4
ページ数 305p
大きさ 20cm
ISBN 4641076979
NCID BA71910552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20775473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想