戦国大名

杉山博 著

応仁・文明の乱後の全国的な混乱と荒廃の中から、守護大名を倒して実権を握った戦国大名が各地に現われ、それぞれ独自の領国経営をすすめながら、互いに覇を競う。これら群雄が直面した問題の意味をさぐりつつ、戦国の実相に肉迫する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 流浪する将軍
  • 守護大名の没落
  • 北条早雲の登場
  • 信虎と信玄
  • 上杉謙信
  • 奥羽大名、伊達氏五代
  • 家臣団と軍事力
  • 軍略と軍規
  • 大名と農民
  • 領国の経営
  • 混迷する畿内
  • 村の姿
  • 西の雄将、毛利元就
  • 九州・四国の大名
  • 城下町の形成
  • 戦国の家法
  • 戦国女性の立場
  • 東海の大名・織田・松平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国大名
著作者等 杉山 博
書名ヨミ センゴク ダイミョウ
書名別名 Sengoku daimyo
シリーズ名 日本の歴史 11
中公文庫 11
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.3
版表示 改版.
ページ数 577p
大きさ 16cm
ISBN 4122045088
NCID BA71901212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20766469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想