リーガルマインド手形法・小切手法

弥永真生 著

手形法・小切手法のニュー・スタンダード・テキスト。抽象的で分かりにくい手形法・小切手法の世界を、具体的なケースや図表を駆使して、分かりやすく解説。公示催告と除権決定関連の法改正をフォローし、手形訴訟・小切手訴訟についての記述を新たに加えた、待望の最新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 約束手形の意義と手形法の視点(約束手形の意義
  • 手形・小切手の属性と他の有価証券
  • 約束手形をめぐる法律関係の流れ
  • 手形法の視点)
  • 2 約束手形(原因関係と手形関係
  • 手形行為の成立要件 ほか)
  • 3 為替手形(為替手形の経済的機能と荷為替手形・商業信用状付取引
  • 為替手形の振出 ほか)
  • 4 小切手(小切手の意義と為替手形との比較
  • 小切手の振出
  • 小切手の流通
  • 小切手の支払
  • 小切手の静的安全保護の制度)
  • 5 手形訴訟・小切手訴訟(手形訴訟・小切手訴訟の意義
  • 手形訴訟・小切手訴訟の特徴
  • 手形訴訟・小切手訴訟の流れ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーガルマインド手形法・小切手法
著作者等 弥永 真生
書名ヨミ リーガル マインド テガタホウ コギッテホウ
書名別名 Rigaru maindo tegataho kogitteho
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.4
版表示 第2版補訂.
ページ数 306p
大きさ 21cm
ISBN 4641134200
NCID BA71893227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20774082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想