アヘンとイギリス帝国 : 国際規制の高まり1906~43年

後藤春美 著

20世紀に至っても、アヘン問題はイギリス、インド、中国、そしてアメリカ、日本をめぐる国際政治の争点であった。外交資料を駆使し、語られざる歴史に光をあてた先駆的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 十九世紀のアヘン吸煙・貿易問題
  • 第1章 アメリカ合衆国の登場
  • 第2章 国際連盟の設立とジュネーヴ国際アヘン会議
  • 第3章 ジュネーヴ会議後の改革
  • 第4章 アヘン容認の終焉に向けて
  • 終章 アヘンの規制とイギリス帝国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アヘンとイギリス帝国 : 国際規制の高まり1906~43年
著作者等 後藤 春美
書名ヨミ アヘン ト イギリス テイコク : コクサイ キセイ ノ タカマリ 1906 43ネン
書名別名 Ahen to igirisu teikoku
出版元 山川出版社
刊行年月 2005.4
ページ数 190, 51p
大きさ 20cm
ISBN 4634674513
NCID BA71884984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想