子育ての環境学

大日向雅美, 荘厳舜哉 編

社会的発達に本当に必要な環境とは-子育ての歴史や海外の事例から、現代日本の保育事情を振り返り、子育て支援の緊急課題を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編(文化の中の子育て
  • ヒトの進化と社会の進化-家族・ことば・文化の誕生
  • 日本の子育ての知恵-近世から近代まで
  • 子育ての変遷と今日の子育て困難
  • 子育ての共有 ほか)
  • 第2部 Q&A(母親の役割・父親の役割-男性が育児に参加する必要性
  • 子育て広場-子育てに自信が持てず、行き詰まって
  • 虐待-虐待が疑われる子どもと親への支援はどのように
  • ジェンダーと子育て(子どもを育てるのは女性
  • 男の子と女の子でしつけに違い)
  • 幼稚園における子育て支援-保育所の支援との違いは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子育ての環境学
著作者等 大日向 雅美
荘厳 舜哉
書名ヨミ コソダテ ノ カンキョウガク
シリーズ名 実践・子育て学講座 3
出版元 大修館書店
刊行年月 2005.4
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 4469212989
NCID BA71872249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想