雪あかり : 曽野綾子初期作品集

曽野綾子 著

進駐軍の接収ホテルで働く十九歳の波子の眼をとおし敗戦直後の日本人従業員と米国軍人等との平穏な日常が淡々と描かれ、吉行淳之介の「驟雨」と芥川賞を競い清澄で新鮮な作風と高く評価された出世作「遠来の客たち」をはじめ、「鸚哥とクリスマス」「海の御墓」「身欠きにしん」「蒼ざめた日曜日」「冬の油虫」、表題作「雪あかり」を収録。才気溢れ、知的で軽妙な文体の初期の作品七編を精選。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雪あかり : 曽野綾子初期作品集
著作者等 曽野 綾子
書名ヨミ ユキアカリ : ソノ アヤコ ショキ サクヒンシュウ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.5
ページ数 311p
大きさ 16cm
ISBN 4061984063
NCID BA71862438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20777354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想