最新熱分析

小澤丈夫, 吉田博久 編

材料の基本的な測定手段である熱分析は、無機・セラミックスから高分子、食品・生体物質に至るすべての物質が測定対象となる。また、測定温度領域は、-200℃の低温から2000℃の高温まで広範囲に及ぶ。本書は、種々の材料の基礎研究から応用研究、さらにはものづくりの工程管理や品質管理などの広い分野で利用されている熱分析を、最大限に利用するために必要な事項をまとめ、熱分析で可能なことと不可能なことを利用者の観点から記述した。定評の既刊「熱分析」、「新版熱分析」の伝統を受け継ぎ、新しい測定技法や解析法を加えて全面的に改定。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎編(序論
  • 熱分析の原理と応用
  • 解析方法
  • 速度論的解析)
  • 応用編(無機物総論
  • 有機化合物総論
  • セラミックス材料
  • 電気・電子材料 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最新熱分析
著作者等 吉田 博久
小沢 丈夫
書名ヨミ サイシン ネツ ブンセキ
出版元 講談社
刊行年月 2005.4
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4061543172
NCID BA71838433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20771543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想