メカトロニクス入門

初澤毅 著

本書は、メカトロニクスの根幹となる各要素技術の基礎を網羅し、平易に解説したテキストである。技術全体への入口役を果たすことに重点をおいている。メカトロニクス要素、電子回路、制御理論の3分野の内容を3〜4章ずつの単元とし、基礎から具体例までをまとめている。特に、電子回路やインターフェース、プログラミングなどは、機械系学部3年生の授業や実習で使用した実績のあるものを掲載した。基本的なメカトロニクスシステムの例として、モータのサーボ機構の構成方法がわかることを目標としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アクチュエータ
  • 2 センサ
  • 3 動力伝達機構要素
  • 4 電子回路の基本要素
  • 5 半導体回路要素
  • 6 デジタル代数と論理回路
  • 7 デジタル回路要素
  • 8 メカトロニクス制御の理論
  • 9 モータの制御機構
  • 10 コンピュータの構成
  • 11 コンピュータによる機器制御

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メカトロニクス入門
著作者等 初澤 毅
初沢 毅
書名ヨミ メカトロニクス ニュウモン
出版元 培風館
刊行年月 2005.4
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 4563067431
NCID BA7183483X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20778308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想