冠動脈疾患を診る  1

木村一雄, 土師一夫 編

[目次]

  • 1 冠動脈疾患の発生と病因を知る(冠動脈疾患の疫学的見地
  • 冠動脈硬化の成因と進展 ほか)
  • 2 冠動脈疾患の病態生理を理解する(冠循環の仕組み
  • 冠攣縮
  • 冠動脈血栓形成と凝固線溶系
  • 心筋障害とその病態
  • 再潅流障害)
  • 3 冠動脈疾患を非侵襲的に診断する(自覚症状と病歴聴取
  • 血液生化学的検査 ほか)
  • 4 冠動脈疾患を侵襲的に診断する-冠動脈造影(冠動脈造影に必要な基礎知識
  • 諸疾患における冠動脈造影の有用性)
  • 5 侵襲的画像診断の新たな展開(血管内エコー法
  • 血管内視鏡
  • 血管内ドプラ法
  • 冠動脈内圧測定)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冠動脈疾患を診る
著作者等 土師 一夫
木村 一雄
書名ヨミ カンドウミャク シッカン オ ミル
シリーズ名 新・心臓病診療プラクティス 4
巻冊次 1
出版元 文光堂
刊行年月 2005.3
ページ数 417p
大きさ 26cm
ISBN 4830616830
NCID BA71832776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20776120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想