戦国策

近藤光男 著

前漢末の学者劉向が、皇帝の書庫にあった「国策」「国事」などの竹簡を編んで作った『戦国策』。三三編四八六章の長編を、人物編、術策編、弁説編の三編百章に再構成して平易に解説。陰謀が渦巻く戦国乱世を生き抜く巧智・奸智や説得の技法とは何か。「虎の威を借る狐」「漁夫の利」「先ず隗より始めよ」など故事名言の由来と古代中国の奥深い知恵を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人物編(謀婦
  • 寵姫
  • 烈婦 ほか)
  • 術策編(揣摩
  • 陥穽
  • 起死 ほか)
  • 弁説編(諌止
  • 説林
  • 争弁)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国策
著作者等 劉 向
近藤 光男
書名ヨミ センゴクサク
シリーズ名 戦国策
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.5
ページ数 378p
大きさ 15cm
ISBN 4061597094
NCID BA71829782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20784878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想