比較言語学の視点 : テキストの読解と分析

吉田和彦 著

本書では、印欧語で書かれた代表的な文献テキストを対象にして、比較言語学的なテキストの読み方とはどのようなものかを具体的に示す。なおはじめの5章では、比較言語学の基本的な考え方と方法論に関して、簡単な解説を与えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 比較言語学の基本原理
  • 比較方法
  • 内的再建法
  • 類推の役割
  • 再建のひとつの例
  • リグ・ヴェーダのテキストから
  • ホメーロスのテキストから
  • 初期ラテン語のテキストから
  • 古期アイルランド語のテキストから
  • ゴート語のテキストから
  • リトアニア語のテキストから
  • 古教会スラブ語のテキストから
  • トカラ語Aのテキストから
  • ヒッタイト語のテキストから
  • 象形文字ルウィ語のテキストから
  • リュキア語のテキストから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較言語学の視点 : テキストの読解と分析
著作者等 吉田 和彦
書名ヨミ ヒカク ゲンゴガク ノ シテン : テキスト ノ ドッカイ ト ブンセキ
シリーズ名 シリーズ・言語学フロンティア 2
出版元 大修館書店
刊行年月 2005.4
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 4469212954
NCID BA71827470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想