英国人写真家の見た明治日本 : この世の楽園・日本

ハーバート・G.ポンティング 著 ; 長岡祥三 訳

スコット南極探検隊の映像記録を残したポンティングは、世界を旅し、日本を殊の外愛し、この世の楽園と讃えた。京都の名工との交流、日本の美術工芸品への高い評価。美しい日本の風景や日本女性への愛情こもる叙述。浅間山噴火や決死の富士下山行など迫力満点の描写。江戸の面影が今なお色濃く残る百年前の明治の様子が著者自らが写した貴重な写真とともにありありと甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東京湾
  • 第2章 京都の寺
  • 第3章 京都の名工
  • 第4章 保津川の急流
  • 第5章 阿蘇山と浅間山
  • 第6章 精進湖と富士山麓
  • 第7章 富士登山
  • 第8章 日本の婦人について
  • 第9章 鎌倉と江ノ島
  • 第10章 江浦湾と宮島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国人写真家の見た明治日本 : この世の楽園・日本
著作者等 Ponting, Herbert George
長岡 祥三
ポンティング ハーバート・G.
書名ヨミ エイコクジン シャシンカ ノ ミタ メイジ ニホン : コノヨ ノ ラクエン ニホン
書名別名 In lotus-land Japan. (抄訳)

Eikokujin shashinka no mita meiji nihon
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.5
ページ数 330p
大きさ 15cm
ISBN 4061597108
NCID BA71821496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想