菊と刀 : 日本文化の型

ルース・ベネディクト 著 ; 長谷川松治 訳

第二次大戦中の米国戦時情報局による日本研究をもとに執筆され、後の日本人論の源流となった不朽の書。日本人の行動や文化の分析からその背後にある独特な思考や気質を解明、日本人特有の複雑な性格と特徴を鮮やかに浮き彫りにする。"菊の優美と刀の殺伐"に象徴される日本文化の型を探り当て、その本質を批判的かつ深く洞察した、第一級の日本人論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研究課題-日本
  • 戦争中の日本人
  • 「各々其ノ所ヲ得」
  • 明治維新
  • 過去と世間に負目を負う者
  • 万分の一の恩返し
  • 「義理ほどつらいものはない」
  • 汚名をすすぐ
  • 人情の世界
  • 徳のジレンマ
  • 修養
  • 子供は学ぶ
  • 降伏後の日本人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菊と刀 : 日本文化の型
著作者等 Benedict, Ruth
長谷川 松治
ベネディクト ルース
書名ヨミ キク ト カタナ : ニホン ブンカ ノ カタ
書名別名 The chrysanthemum and the sword

Kiku to katana
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.5
ページ数 423p
大きさ 15cm
ISBN 4061597086
NCID BA71821099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想