親権と子の利益

川田昇 著

離婚後の片親のみへの単独親権の原則のもと、親権をもたない親は事実上親たる地位を否定されている。しかし、現状は親の当然の義務として、その親は養育費を負担せねばならず、また逆に、親権者は非親権者の子への面接交渉を拒めずにいる。そのような紛争原因となり得る状況の打開策として、真に子の利益となる親の一般的権利義務を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 親権と子の利益(親の権利と子の利益
  • 日本の親権法を考える)
  • 2 離婚後の子の養育費の確保(イギリス児童扶養法
  • わが国における離婚後の子の養育費の確保)
  • 3 「子のための」養子法
  • 4 子の虐待と法(一九八九年イギリス児童法
  • 被虐待児童の児童養護施設への入所(家事審判例紹介))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親権と子の利益
著作者等 川田 昇
書名ヨミ シンケン ト コ ノ リエキ
シリーズ名 神奈川大学法学研究所叢書 22
出版元 信山社
刊行年月 2005.3
ページ数 343, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4797255803
NCID BA71796832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
被虐待児童養護施設への入所 家事審判例紹介
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想