マクルーハンとヴァーチャル世界

クリストファー・ホロックス 著 ; 小畑拓也 訳

60年代の熱狂から70年代の批判へ、そして忘却から華々しい復権へとめまぐるしく評価の変転をへてきたマクルーハンのメディア論。先駆的とされたマクルーハン思想は、情報革命の現代にいかなる意味をもつのか?ヴァーチャル・リアリティがもたらす感覚的・心理的・社会的影響力をめぐる議論と交差させながら、新たな可能性の方向を探る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マクルーハンとヴァーチャル世界
著作者等 Horrocks, Chris
小畑 拓也
Horrocks Christopher
ホロックス クリストファー
書名ヨミ マクルーハン ト ヴァーチャル セカイ
書名別名 Marshall McLuhan and virtuality

Makuruhan to vacharu sekai
シリーズ名 ポストモダン・ブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.4
ページ数 122p
大きさ 18cm
ISBN 4000270834
NCID BA71789600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想