帝政民主主義国家ロシア : プーチンの時代

中村逸郎 著

「プーチンの時代」とはロシアの市民にとってどういう時代なのか。議会、内閣、軍、そして地方政府からメディアまでを掌握し、今や絶大な権力を持つに到ったプーチン大統領。その支配のメカニズムと内在する問題を明らかにしつつ、劣悪を極める生活インフラ、破綻した行政サービス、相次ぐテロの恐怖、さらには形骸化した法支配、癒着した政財界の専横の下で、「慈父たる皇帝」にすがるほかない市民生活の実像とゆれ動くかれらの意識を、綿密な聞き取り調査から浮き彫りにする最新のロシア論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「皇帝」プーチンに直訴する人びと
  • 第1章 「皇帝」プーチンの登極-「官」「軍」「民」が支える「帝政民主制」
  • 第2章 プーチンの行政革命-連邦支配の強化策
  • 第3章 公共性をめぐる葛藤-脆弱な生活基盤
  • 第4章 法支配の形骸化-地方役人に追い詰められる住民
  • 第5章 政財界の癒着-諦めの淵に沈み行く住民たち
  • 終章 両刃の剣を操る「皇帝」-ポピュリズムの強さと脆さ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝政民主主義国家ロシア : プーチンの時代
著作者等 中村 逸郎
書名ヨミ テイセイ ミンシュ シュギ コッカ ロシア : プーチン ノ ジダイ
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.4
ページ数 247, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4000240137
NCID BA71788947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想