物から言葉へ

佐藤康宏 編

物を見る、記述する。専門家は、美術品のどこを見て何を考えているのか。ディスクリプション(作品記述)の基本作法を実践的に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ディスクリプション(仏画の記述-何のために記述をするのか
  • 仏像の記述)
  • 第2章 物の内部へ(絵画史研究と光学的手法-「源氏物語絵巻」の調査から
  • 仏像の内部を見る-運慶作品を中心に
  • 国宝一遍上人絵伝(一遍聖絵)と修理-古画を修理するということ
  • 障壁画の復元研究-その方法と問題点について)
  • 第3章 物の外部へ(詞書筆者と執筆分担-絵画作品への書からのアプローチ
  • 彦根屏風の画家-狩野長信の可能性
  • 雅俗の都市像-与謝蕪村「夜色楼台図」
  • 美術史研究者のデジタル・ソリューション-明治石版画調査研究への画像データベースの応用を事例として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物から言葉へ
著作者等 佐藤 康宏
書名ヨミ モノ カラ コトバ エ
シリーズ名 講座日本美術史 第1巻
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.4
ページ数 361, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4130840819
NCID BA71775446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20857141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想