日本の教育経験 : 途上国の教育開発を考える

国際協力機構 編著

日本の開発援助は従来のカネ、モノ偏重を脱皮しなければならない。明治以降、日本が近代化への苦闘に際して積み重ねてきた多様な開発経験こそが、今日の途上国への最大の贈り物ではないか。本書は、日本の教育開発経験を、量的拡大、質的向上、マネジメントの改善の三つの視点から総括し、かつ個々の経験の途上国への応用可能性をつぶさに吟味した、日本教育の新たな発信である。特にわが国の内外で諸外国との教育協力に当たる関係者の必読・必携の書といえよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 開発途上国の教育課題
  • 第1部 日本の教育史の概観(日本の近代化と教育の発展)
  • 第2部 日本の教育経験(教育行政
  • 教育財政
  • 学校経営
  • 明治時代の就学促進策-地方の取り組みを中心に
  • 女子教育 ほか)
  • 第3部 開発途上国における日本の教育経験の応用に向けて
  • 付録(年表:日本の教育の変遷
  • 教育統計)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の教育経験 : 途上国の教育開発を考える
著作者等 国際協力機構
ジャイカ
JICA
書名ヨミ ニホン ノ キョウイク ケイケン : トジョウコク ノ キョウイク カイハツ オ カンガエル
書名別名 The history of Japan's educational development
出版元 東信堂
刊行年月 2005.3
ページ数 350p
大きさ 21cm
ISBN 4887135998
NCID BA71771285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20775625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想