関係としての自己

木村敏 著

「私」とは何か。「自己」とは何か。豊富な臨床経験と、生命や存在への透徹した眼差しをとおして、自己という奇妙なあり方の謎に迫る、木村人間学の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私的な「私」と公共的な「私」
  • 時間の人称性
  • 他者性のクオリア
  • 自分であるとはどのようなことか-自己性と他者性の精神病理学のために
  • 個別性のジレンマ-記憶と自己
  • "あいだ"と言葉
  • 「あいだ」と恥ずかしさ、そして証言-アガンベンを読む
  • 生命論的差異の重さ
  • ブランケンブルクの死を悼む
  • 西田哲学と精神病理学
  • 一人称の精神病理学へ向けて-ヴォルフガング・ブランケンブルクの追悼のために
  • 未来と自己-統合失調症の臨床哲学試論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関係としての自己
著作者等 木村 敏
書名ヨミ カンケイ ト シテノ ジコ
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.4
ページ数 308p
大きさ 20cm
ISBN 4622071444
NCID BA71770136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20775575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想