帝国日本と人類学者 : 1884-1952年

坂野徹 著

日本/アジアについて人類学者は何を語ってきたのか。戦前日本における人類学の歴史を検証、その自‐他認識の政治性を根底から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の人類学と植民地主義/国民国家
  • 第1章 日本人類学の誕生-坪井正五郎を中心に
  • 第2章 日本人とは誰か-日本人種論の政治学
  • 第3章 我らが内なる他者-人類学者のアイヌ認識
  • 第4章 漢化・日本化・文明化-植民地統治下台湾における人類学研究
  • 第5章 類縁性のレトリック-植民地統治下朝鮮における人類学研究
  • 第6章 「怠惰」なる他者-植民地統治下ミクロネシアにおける人類学研究
  • 第7章 大東亜共栄圏と人類学者-戦時体制下の人類学研究
  • 第8章 エピローグ-日本人類学にとっての敗戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国日本と人類学者 : 1884-1952年
著作者等 坂野 徹
書名ヨミ テイコク ニホン ト ジンルイガクシャ : 1884 - 1952ネン
出版元 勁草書房
刊行年月 2005.4
ページ数 511, 29p
大きさ 22cm
ISBN 4326101563
NCID BA71764585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想