トコトンやさしい脳の本

田中冨久子 編著

[目次]

  • 第1章 脳の進化(心はどこでつくられるのだろう-「脳は心のすみか1」
  • 心は脳のニューロンの働きである-「脳は心のすみか2」 ほか)
  • 第2章 古脳と新脳の構造(脳のでき方-「高等動物ほど新皮質が発達」
  • 古脳と新脳-「古脳と新脳があって、ヒトはヒトらしく生きられる」 ほか)
  • 第3章 脳を支える感覚刺激(からだへの刺激を感覚する脳-「感覚伝達のメカニズム」
  • 感覚刺激は電気信号に変換されて脳へ-「感覚伝達のメカニズム」 ほか)
  • 第4章 古脳の性=セックス(古脳による生殖機能の調節1-「視索前野と分界条床核‐排卵と性自認」
  • 古脳による生殖機能の調節2-「前視床下部間質核‐3‐性的指向」 ほか)
  • 第5章 新脳の性=ジェンダー(ジェンダーが新脳につくられる-「「ジェンダー」の歴史」
  • 男女で異なる感覚刺激が新脳にジェンダーをつくる-「新脳の人工的な性」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トコトンやさしい脳の本
著作者等 田中 冨久子
書名ヨミ トコトン ヤサシイ ノウ ノ ホン
書名別名 Tokoton yasashii no no hon
シリーズ名 今日からモノ知りシリーズ
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2005.3
ページ数 149p
大きさ 21cm
ISBN 4526054399
NCID BA71740623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20765952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想