ベースボールと陸蒸気 : 日本で初めてカーブを投げた男・平岡熈

鈴木康允, 酒井堅次 著

明治四年、一人の悪童が単身アメリカに渡った。彼の名はヒラオカ・ヒロシ。後に一代で巨万の富を築き、鉄道王と呼ばれた男である。また彼は日本にベースボールを"輸入"し、初の野球チームを作り、カーブを投げて人々を驚かせた「野球殿堂入り第1号」であり、他にもローラースケート初滑り、邦楽家元、リール釣り第1号、日本画・ポンチ絵作者、江戸物コレクター等、広範な趣味で一生を遊び尽くした道楽の天才だった!"金は遊ぶために稼ぎ、笑うために使うもの"。幕末から昭和の激動期を飄々と生きた道楽大尽の人生とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 横浜の六月
  • 第2章 鉄道王国アメリカ
  • 第3章 工員ハイローシ・ハイローカ
  • 第4章 陸蒸気とベースボール
  • 第5章 日本野球の幼年時代
  • 第6章 野球の神様
  • 第7章 若き実業家たちの時代
  • 第8章 公・私を分かつことなかれ
  • 第9章 御大尽の遊びっぷり
  • 第10章 グッド・バイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベースボールと陸蒸気 : 日本で初めてカーブを投げた男・平岡熈
著作者等 酒井 堅次
鈴木 康允
書名ヨミ ベースボール ト オカジョウキ : ニホン デ ハジメテ カーブ オ ナゲタ オトコ ヒラオカ ヒロシ
書名別名 日本で初めてカーブを投げた男

Besuboru to okajoki
シリーズ名 小学館文庫
出版元 小学館
刊行年月 2005.4
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 4094052410
NCID BA71740485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20750366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想