萌え萌えジャパン : 二兆円市場の萌える構造

堀田純司 著

日本人は「萌え」を発見した。「萌え」とは、キャラクターの不在を脳内で補完する行為。日本のコンテンツ産業の総売上額は12兆円を上回り、これはなんと第1次産業、農林水産品の総生産額を凌駕する数字である。その中でもキャラクターライセンス商品の市場は、約二兆円と試算される。文化、産業の両分野で巨大な存在感を示すようになったキャラクター表現。本書は、そうしたキャラクター表現の魅力を、「ファンと作品の関係」を焦点にしてお伝えする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メイドカフェ
  • 第2章 抱き枕
  • 第3章 等身大フィギュア
  • 第4章 アイドル
  • 第5章 美少女ゲーム
  • 第6章 声優

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 萌え萌えジャパン : 二兆円市場の萌える構造
著作者等 堀田 純司
書名ヨミ モエモエ ジャパン : ニチョウエン シジョウ ノ モエル コウゾウ
出版元 講談社
刊行年月 2005.3
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4063646351
NCID BA71737389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20770049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想