日本型「成果主義」の可能性

城繁幸 著

年功序列には戻れない今、どう成果主義を取り戻せばいいのか。現状。問題点から導入方法まで、すべてがこの1冊に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 年功序列制度とは何だったのか(年功序列制度にも「競争」はあった
  • 年功序列制度が日本の発展を支えてきた ほか)
  • 第2章 成果主義の現状(年功序列制度という「ユートピア」が崩壊した
  • 「いかに組織を大きくするか」から「いかに組織を削るか」へ ほか)
  • 第3章 なぜ成果主義が機能しないのか(現場の本音
  • ボーナスの支給額が決まる二つのプロセス ほか)
  • 第4章 日本型「成果主義」はどうあるべきか(避けては通れない管理職問題
  • 管理職ポストの見直し ほか)
  • 第5章 成果主義がもたらすもの(成果主義は万能ではない
  • 制度としては年功序列のほうが優れている ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型「成果主義」の可能性
著作者等 城 繁幸
書名ヨミ ニホンガタ セイカ シュギ ノ カノウセイ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2005.4
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4492260749
NCID BA71728785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20772320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想