民事法  3(債権各論)

鎌田薫, 加藤新太郎, 須藤典明, 中田裕康, 三木浩一, 大村敦志 編著

実体法と訴訟法を有機的に関連づけ、理論と実務の双方から検証する待望のテキスト。民法・民事訴訟法の研究者と司法研修所教官、裁判官の共同作業により、「設問」「解説」「問題の背景」の構成で、より深く理解ができるよう工夫。法科大学院、法学部の「民事法総合演習」のテキストに、また、学生・受験生・司法修習生・若手法曹・企業法務担当者などの独習用の参考書として最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 契約締結の交渉から成立まで
  • 契約の相対的効力
  • 同時履行の抗弁
  • 特定物売買における危険負担
  • 契約解除の要件・効果
  • 手付け
  • 瑕疵担保責任
  • 金銭消費貸借と利息の天引き
  • 賃貸人の交替
  • 転貸借〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事法
著作者等 三木 浩一
中田 裕康
加藤 新太郎
大村 敦志
鎌田 薫
須藤 典明
書名ヨミ ミンジホウ
書名別名 Minjiho
巻冊次 3(債権各論)
出版元 日本評論社
刊行年月 2005.4
ページ数 407p
大きさ 22cm
ISBN 453551335X
NCID BA71727567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20767061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想