イタリア・オペラ

ジル・ド・ヴァン 著 ; 森立子 訳

モンテヴェルディからヴェルディ、プッチーニへと受けつがれてゆく、華やかで情熱的な音楽劇-イタリア・オペラは、一六〇〇年に誕生した。本書は、その伝統を支える制作システムとともに、あるひとつの時代や様式を代表する作品を選んで解説してゆく。音楽的作劇法の変遷に力点をおいた、オペラ史の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オペラの制作システム
  • 美学の全般的状況
  • 十七世紀のオペラ
  • メタスタジオのオペラ
  • 新古典主義からロマン派オペラへ
  • ロマン派オペラ
  • ロマン派第二期
  • そして、その後?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリア・オペラ
著作者等 De Van, Gilles
Van, Gilles de
森 立子
ヴァン ジル・ド
書名ヨミ イタリア オペラ
書名別名 L'opera italien

Itaria opera
シリーズ名 文庫クセジュ 886
出版元 白水社
刊行年月 2005.5
ページ数 188, 1p
大きさ 18cm
ISBN 4560508860
NCID BA71707548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20774053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想