イギリス近代史論集

松浦高嶺 著

イギリスが劇的転換をとげたサッチャーの時代つねに時代と向き合いながら、近代イギリスの政治社会と文化風土を問いつづけた著者の歴史研究の軌跡。戦後日本のイギリス近代史研究の水準を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総括的展望(テューダー王朝の社会史的背景
  • 新しきイギリス革命像をもとめて ほか)
  • 2 個別研究(エリザベス朝の長老派主義と分離主義
  • ピューリタン革命における「宗教上の独立派」 ほか)
  • 3 史論(イギリス近代史における「実態的」概念と「整序的」概念
  • ジェントルマンの功罪 ほか)
  • 4 史学史(ピューリタニズムにかんする最近の諸解釈
  • 戦後日本におけるイギリス革命研究の歩み ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス近代史論集
著作者等 松浦 高嶺
書名ヨミ イギリス キンダイシ ロンシュウ
出版元 山川出版社
刊行年月 2005.3
ページ数 382, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4634674505
NCID BA71686335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想