構造構成主義とは何か : 次世代人間科学の原理

西條剛央 著

[目次]

  • 1章 人間科学の「呪」
  • 2章 人間科学の「呪」の解き方
  • 3章 哲学的解明の基礎ツールとしての現象学的思考法-判断中止と還元
  • 4章 中核原理の定式化-関心相関性
  • 5章 「言葉」を相対化する思考法-ソシュール言語学と記号論的還元
  • 6章 人間科学の科学論の確立-構造主義科学論
  • 7章 構造概念の定式化-構造存在論を通して
  • 8章 人間科学の方法論の整備
  • 9章 他の思潮との差異化 構造主義、社会的構築主義、客観主義、そして構成主義
  • 10章 構造構成主義-全体像と思想的態度
  • 11章 構造構成主義の継承実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構造構成主義とは何か : 次世代人間科学の原理
著作者等 西條 剛央
書名ヨミ コウゾウ コウセイ シュギ トワ ナニカ : ジセダイ ニンゲン カガク ノ ゲンリ
出版元 北大路書房
刊行年月 2005.3
ページ数 251p
大きさ 21cm
ISBN 4762824275
NCID BA71672793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20769487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想