イギリス外交史

佐々木雄太, 木畑洋一 編

パワーの蓄積と巧みな外交によって、一時期には世界に冠たる地位を築いたイギリス。ウィーン体制から、パクス・ブリタニカ、ヴェルサイユ体制、ワシントン体制、冷戦体制に至る国際体制の歴史的発展に留意しつつ、イギリス外交の特質を描写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歴史としてのイギリス外交-国際体制の視座から
  • 第1章 イギリス外交の源流と伝統-ナポレオン戦争からウィーン体制期まで
  • 第2章 パクス・ブリタニカから世界戦争へ-転換期のイギリス外交
  • 第3章 世界大戦の時代-1914〜40年
  • 第4章 両超大国の狭間で-1940〜56年
  • 第5章 苦悩するイギリス外交-1957〜79年
  • 第6章 「鉄の女」の外交政策-1979〜90年
  • 第7章 欧州統合の深化を前に-冷戦後の時代1990年代
  • 第8章 混迷のなかの出発-21世紀のイギリス外交

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス外交史
著作者等 佐々木 雄太
君塚 直隆
後藤 春美
木畑 洋一
松本 佐保
橋口 豊
細谷 雄一
書名ヨミ イギリス ガイコウシ
シリーズ名 有斐閣アルマ specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.4
ページ数 324p
大きさ 19cm
ISBN 4641122539
NCID BA71666622
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20776383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想