地域社会に貢献する大学

OECD 編 ; 相原総一郎, 出相泰裕, 山田礼子 訳

地元企業への研究支援、公開講座、コンサート、博物館開放などの地域社会への貢献は、大学の主要な役割である教育と研究に並ぶ社会的責務と捉えられるまでになってきた。国際競争力を高めることも求められている大学は、片や地域のニーズにどう応えればいいのか、インターネットの利用は地域を地理的制約から解放するのか。OECDプログラムのプロジェクトを事例に考察し、提言を行う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 高等教育機関と地域
  • 3 全国システムの特性
  • 4 地域の特性
  • 5 地域連携のための大学経営
  • 6 教育マネジメント
  • 7 研究マネジメント
  • 8 地域社会貢献のマネジメント
  • 9 結論
  • 10 勧告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域社会に貢献する大学
著作者等 Organisation for Economic Co-operation and Development
出相 泰裕
山田 礼子
相原 総一郎
経済協力開発機構
OECD
書名ヨミ チイキ シャカイ ニ コウケンスル ダイガク
書名別名 The response of higher education institutions to regional needs
シリーズ名 高等教育シリーズ 132
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2005.5
版表示 オンデマンド版
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 447240320X
NCID BA71661301
BA84941005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20777300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想