ほんとうの敬語

萩野貞樹 著

日本語にとって敬語は不可欠である。私たちの日常は、まるごと「敬語生活」だといっても過言ではない。ところが戦後、国際交流や民主平等の名のもと、日本語に敬語は不要だという誤った議論が大いに幅をきかせた。国語学者たちの小むずかしい理論や分析によって、敬語は難解で扱いづらい言葉になってしまったのである。本書は定評ある「ハギノ式」と呼ばれる手法で敬語のしくみを解説。「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」「上下関係」の四要素を軸にすえることで、誰もが正しい敬語を使いこなせるようになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本語は敬語である
  • 第2章 敬語は三種のみ
  • 第3章 ハギノ式敬語しくみ図講座
  • 第4章 敬語雑記帳Q&A
  • 第5章 敬語ってナニ
  • 第6章 気楽に整理の巻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほんとうの敬語
著作者等 萩野 貞樹
書名ヨミ ホントウ ノ ケイゴ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2005.5
ページ数 245, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4569640400
NCID BA71636472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想