日本語はだれのものか

川口良, 角田史幸 著

若者ことば、ら抜きことばなど、いま「乱れ」が嘆かれる日本語。だが「正統で純粋な日本語」は本当に存在するのか。敬語の変遷や人為的な「標準語」を探り、変わりゆく日本語の"豊かさ""美しさ"を説く、新しい"日本語"論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-日本語はどこへ行くのか
  • 日本語はどこにいるのか(日本語は乱れているのか
  • 日本語の「美しさ」「豊かさ」とは何か)
  • 日本語はどこから来たのか(日本語は一つか
  • 日本語は純粋なのか)
  • 日本語はだれのものか(日本語の新たな「多様性」へ向かって
  • 日本語の可能性を開く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語はだれのものか
著作者等 川口 良
角田 史幸
書名ヨミ ニホンゴ ワ ダレ ノ モノ カ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 190
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.5
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 4642055908
NCID BA71633215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20774638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想