日露戦争史 : 20世紀最初の大国間戦争

横手慎二 著

日露戦争は、日本とロシアにとってはそれぞれにきわめて影響の大きい戦争であったが、客観的になかなか評価が確定していない。戦後一〇〇年にあたり、その地球規模での意味に言及する試みがなされているが、本書は、ロシア近現代史の視点も含めて、戦争の背景・経過・影響を通覧しようとするものである。双方の認識に極端な差があったことが、戦争の帰趨にどのように影響を及ぼしたかを明瞭に伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世紀転換期の世界
  • 第1章 世紀転換期の日本とロシア
  • 第2章 戦争の地理学
  • 第3章 政事と軍事
  • 第4章 戦争への道程
  • 第5章 開戦
  • 第6章 陸と海の絆
  • 第7章 終局
  • 終章 近い未来と遠い未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露戦争史 : 20世紀最初の大国間戦争
著作者等 横手 慎二
書名ヨミ ニチロ センソウシ : 20セイキ サイショ ノ タイコクカン センソウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.4
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4121017927
NCID BA71632711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20796276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想