揺らぐ社会の女性と子ども : 文化社会学的考察

細辻恵子 著

子どもの育ち方や遊び、女性の表出的役割などから、「自分探し」、ノスタルジー、孤児物語、ユーモアに至るまで、業績達成を超えて自由を考察し、アイデンティティを再編する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもの育ち方(アメリカと日本-スポックと松田道雄の育児書を比較する
  • "いい子"育ての落とし穴
  • 子どもの遊びの情景)
  • 2 女性はどこへ行くのか(資源としての表出的役割
  • 男と女の業績達成
  • 家族の多様性に向けて-シングル・マザーと子どもの意味)
  • 3 現代的自我の諸相(自我の成り立ち-同一視の三類型
  • カウボーイから旅人へ-「モラトリアム人間」というアイデンティティ
  • 孤立から共生へ-呼びかけられるアイデンティティ
  • 「自分探し」は止まらない
  • 情報過剰時代の人間関係)
  • 4 子ども時代の魅力(孤児物語をめぐる考察
  • ノスタルジーの諸相
  • ユーモア雑感-ジェンダーと児童文学を手がかりに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 揺らぐ社会の女性と子ども : 文化社会学的考察
著作者等 細辻 恵子
書名ヨミ ユラグ シャカイ ノ ジョセイ ト コドモ : ブンカ シャカイガク テキ コウサツ
書名別名 Yuragu shakai no josei to kodomo
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2005.4
ページ数 360p
大きさ 19cm
ISBN 4790711242
NCID BA71629466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20780104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想