標準脳神経外科学

山浦晶, 田中隆一, 児玉南海雄 編

外科適応となる神経疾患の基本的概念を、疫学的観点も加味しながら精選してまとめた。特に病態の形態学的・機能的成立ちと症候との相関を重点的に分りやすく解説した。いたずらに詳細にわたる専門内容や学説の紹介には深くたちいらない。神経学は内科系講義とも深くかかわってくるが、本書では外科適応となる病態の視点から全体を捉えなおし、神経内科学との重複はできるだけ避けた。ベッドサイドで患者を前にして、その病態を正しく把握し的確な診療を進められるよう、「臨床上の問題点」という項で病態の重篤度や診療指針の位置づけをし、ついでその診断法から救急処置・治療にいたる重要な原則を実際的にまとめた。なお外科療法の記述は、目的と方法の概略にとどめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(緒論
  • 臨床解剖
  • 神経学的検査法
  • 補助診断法
  • 脳に特異な症候と病態)
  • 各論(脳腫瘍
  • 脳血管障害
  • 頭部外傷
  • 先天奇形
  • 水頭症
  • 機能的脳神経外科
  • 脊髄・脊椎疾患
  • 末梢神経の外科
  • 炎症性疾患
  • 臨床実習の手引き)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 標準脳神経外科学
著作者等 児玉 南海雄
山浦 晶
田中 隆一
書名ヨミ ヒョウジュン ノウシンケイ ゲカガク
シリーズ名 Standard textbook
出版元 医学書院
刊行年月 2005.3
版表示 第10版.
ページ数 62, 445p
大きさ 26cm
ISBN 4260122630
NCID BA71626060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20778847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想