近世の解体

歴史学研究会, 日本史研究会 編

近世から近代への展開を連続と断絶から分析。政治・外交・経済構造の変容、大衆文化の拡がり、さらに都市や地域社会の変動から、近代への移行のかたちを検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 18‐19世紀転換期の日本と世界
  • 2 伝統都市の終焉
  • 3 地域社会の成立と展開
  • 4 近世的物流構造の解体
  • 5 明治維新と近世身分制の解体
  • 6 移行期の民衆運動
  • 7 文化の大衆化
  • 8 産業の伝統と革新
  • 9 蝦夷地・琉球の「近代」
  • 10 明治維新論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の解体
著作者等 日本史研究会
日本史研究会 (京都市)
横山 伊徳
歴史学研究会
書名ヨミ キンセイ ノ カイタイ
書名別名 Kinsei no kaitai
シリーズ名 日本史講座 第7巻
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.4
ページ数 327p
大きさ 19cm
ISBN 4130251074
NCID BA71625002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20857628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想