異文化コミュニケーション研究法 : テーマの着想から論文の書き方まで

石井敏, 久米昭元 編

異文化コミュニケーションにおける代表的な研究法について、研究の進め方や留意すべき点を具体的な例を用いてやさしく解説。さらに、研究にあたっての心構えから方法論の全体的構図、論文の書き方、研究テーマの紹介まで幅広く収録した。異文化コミュニケーションに関するレポートや論文を書きたい人に必携。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 異文化コミュニケーション研究を始めるにあたって
  • 第1章 異文化の歩き方・学び方・描き方-フィールドワーク
  • 第2章 会話を「科学」する-会話研究
  • 第3章 異文化批評を書く-批判的分析
  • 第4章 歴史からのアプローチ-異文化交流史的考察
  • 第5章 異文化コミュニケーションを理論モデルと数値でとらえる-量的調査法
  • 第6章 因果関係を探る-実験計画法
  • 第7章 メッセージを読み解く-内容分析の方法
  • 第8章 メディアをウォッチする-メディア分析
  • 終章 研究法のまとめと今後の課題
  • 補章 論文の書き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化コミュニケーション研究法 : テーマの着想から論文の書き方まで
著作者等 久米 昭元
石井 敏
書名ヨミ イブンカ コミュニケーション ケンキュウホウ : テーマ ノ チャクソウ カラ ロンブン ノ カキカタ マデ
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.4
ページ数 200p
大きさ 22cm
ISBN 4641183171
NCID BA71618357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20771212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想