Jポップとは何か : 巨大化する音楽産業

烏賀陽弘道 著

一九九〇年代、日本の音楽産業は急激な成長を遂げる。CDのミリオンセラーが続出し、デジタル化や多メディア化とともに市場規模は拡大し続け、いまや日本は世界第二位の音楽消費大国である。こうした変化をもたらした「Jポップ」現象とは何か。産業構造や受容環境の変化など、音楽を取り巻く様々な要素から鋭く分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「J」の時代のポピュラー音楽
  • 第2章 デジタル化は何をもたらしたか
  • 第3章 テレビとヒット曲
  • 第4章 「ココロ」の時代の音楽受容
  • 第5章 日本という音楽市場のかたち
  • 第6章 Jポップ産業の挫折-急成長の十年が終わって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Jポップとは何か : 巨大化する音楽産業
著作者等 ウガヤ ヒロミチ
烏賀陽 弘道
書名ヨミ Jポップ トワ ナニカ : キョダイカスル オンガク サンギョウ
書名別名 Jpoppu towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.4
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 400430945X
NCID BA71618018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想