教育の臨界 : 教育的理性批判

『教育の臨界-教育的理性批判』刊行委員会 編著

教育的理性の批判の仕事をとおして「教育の自律性」という理念にもとづく戦後教育学の言説空間が先験的に「価値」を賦与してきた国民国家のもとでの「教育」の臨界を示す国民国家と教育、および資本制的生産の総過程の再生産と教育との関係の仕方についての社会科学的な認識を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育の脱‐構築-"教育的理性批判"へ向けて(国民国家と教育-近代史を脱構築する)
  • 第2部 教育的理性論(教育的理性批判のために-ニーチェとマルクス
  • ローティと教育的理性批判-リベラル・アイロニズムの可能性
  • 教育の地平あるいは自然・父権・言語-映画『父パードレ・パドローネ』を軸に ほか)
  • 第3部 構成する力-"再生産と主体性"論(教育/主体をめぐる三つの課題-フーコー、そしてフーコー以降
  • 市民社会の担い手をどう育てるか-グラムシの思想を視軸にして
  • 教育的理性と反省性-「能力の私的所有」への問いの深化に向けて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育の臨界 : 教育的理性批判
著作者等 「教育の臨界--教育的理性批判」刊行委員会
『教育の臨界-教育的理性批判』刊行委員会
書名ヨミ キョウイク ノ リンカイ : キョウイクテキ リセイ ヒハン
書名別名 Kyoiku no rinkai
出版元 情況
刊行年月 2005.3
ページ数 363p
大きさ 21cm
ISBN 4915252701
NCID BA71613171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20896771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想