神々の沈黙 : 意識の誕生と文明の興亡

ジュリアン・ジェインズ 著 ; 柴田裕之 訳

3000年前まで人類は「意識」を持っていなかった!古代文明は、意識を持つ前の「二分心」の持ち主の創造物。豊富な文献と古代遺跡の分析から、意識の誕生をめぐる壮大な仮説を提唱。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人間の心(意識についての意識
  • 意識
  • 『イーリアス』の心 ほか)
  • 第2部 歴史の証言(神、墓、偶像
  • 文字を持つ「二分心」の神政政治
  • 意識のもと ほか)
  • 第3部 「二分心」の名残り(失われた権威を求めて
  • 預言者と憑依
  • 詩と音楽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神々の沈黙 : 意識の誕生と文明の興亡
著作者等 Jaynes, Julian
柴田 裕之
ジェインズ ジュリアン
書名ヨミ カミガミ ノ チンモク : イシキ ノ タンジョウ ト ブンメイ ノ コウボウ
書名別名 The origin of consciousness in the breakdown of bicameral mind

Kamigami no chinmoku
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2005.4
ページ数 632p
大きさ 20cm
ISBN 4314009780
NCID BA71606019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20779069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想