ニヒリズムとの対話

G.ペルトナー, 渋谷治美 編著

19世紀、共産主義と並びもう一つの「妖怪」としてヨーロッパに姿を現したニヒリズム。20世紀を経て21世紀にますますグローバル化している今、東京とウィーンの8人の研究者がニヒリズムを多角的に論じた、問題提起の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ニーチェの「ヨーロッパのニヒリズムについてのレンツァーハイデ断片」をめぐって
  • 2 カントにおける価値のコペルニクス的転回-価値ニヒリズム回避の対スピノザ防衛戦略とその破綻
  • 3 キェルケゴールとニヒリズム
  • 4 ニヒリズム-ハイデッガーにおける西洋形而上学の概念
  • 5 他者と沈黙-ウィトゲンシュタインと言語的ニヒリズムの問題
  • 6 パルマコンとしてのニヒリズム-後期エーリッヒ・フロムにおける「攻撃性」研究の視点から
  • 7 自己の生滅の場所への問い-西田幾多郎の「死の自覚」
  • 8 人生の無意味さ、良し悪し、尊厳について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニヒリズムとの対話
著作者等 Pöltner, Günther
渋谷 治美
P¨oltner G¨unther
ペルトナー ギュンター
書名ヨミ ニヒリズム トノ タイワ : トウキョウ ウィーン オウフク シンポジウム
書名別名 東京・ウィーン往復シンポジウム
出版元 晃洋書房
刊行年月 2005.4
ページ数 207p
大きさ 22cm
ISBN 4771016011
NCID BA71605694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20801253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想