インドサル学紀行 : 2種の分布の境界を探る

小山直樹 著

本書の大部分は、一九七二年八月から一九七三年一月にかけておこなった海外学術調査「インドを中心とする狭鼻猿の社会生態学および動物地理学的研究」に基づいており、約五ヵ月の間インド各地を動き回ってフィールドワークをおこなった時の記録を記したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ボンベイに到着
  • ボンベイを出発
  • オーランガバッドへ
  • ナグプールからマディヤプラデシュ州のライプールへ
  • ライプールからマンドラへ
  • パチマリへ
  • タドバ国立公園
  • アンドラプラデシュ州のニルマールへ
  • ニルマールからマハラシュトラ州のナンデールへ
  • ボンベイへ ほか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドサル学紀行 : 2種の分布の境界を探る
著作者等 小山 直樹
書名ヨミ インド サルガク キコウ : 2シュ ノ ブンプ ノ キョウカイ オ サグル
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2005.2
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 448601653X
NCID BA71593744
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20768347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想