交換の社会学 : G・C・ホーマンズの社会行動論

橋本茂 著

ミクロ社会学への誘い。社会行動を報酬あるいはコストの交換としてとらえ、小集団の水準から社会の成り立つしくみを体系的に説明するホーマンズの交換理論を平明に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 課題と方法
  • 一般命題
  • 対人関係
  • 勢力と権威
  • 同調と非同調
  • 集団の分化と分裂
  • 地位体系
  • 満足
  • 分配の公正さ
  • リーダーシップ
  • 成層化
  • 地位と同調と革新
  • 結びに代えて-小集団から大社会へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交換の社会学 : G・C・ホーマンズの社会行動論
著作者等 橋本 茂
書名ヨミ コウカン ノ シャカイガク : G C ホーマンズ ノ シャカイ コウドウ ロン
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2005.3
ページ数 292p
大きさ 19cm
ISBN 4790711129
NCID BA71588755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想