縄文ランドスケープ

小林達雄 編著

本書は平成9年〜平成11年度「縄文時代におけるストーンサークルおよび関連記念物の設計とランドスケープ」の研究成果をまとめたものである。内容は平成12年時点での研究成果となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論(縄文ランドスケープ-自然的秩序からの独立と縄文的世界の形成
  • 縄文時代の天体
  • 東アジアの立柱祭と民俗例)
  • 第2章 事例集成(北海道の縄文記念物
  • 北海道垣ノ島A遺跡
  • 青森県小牧野遺跡 ほか)
  • 第3章 研究報告(環状列石の構築方法についての一試案
  • 配石構造物の単位と設計原理
  • 三内丸山遺跡の大形木柱列と二至二分 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文ランドスケープ
著作者等 小林 達雄
書名ヨミ ジョウモン ランドスケープ
書名別名 Jomon randosukepu
出版元 アム・プロモーション
刊行年月 2005.2
ページ数 327p
大きさ 26cm
ISBN 4944163320
NCID BA71573689
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20813874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想