義務とアイデンティティの倫理学 : 規範性の源泉

クリスティーン・コースガード 著 ; オノラ・オニール 編 ; 寺田俊郎, 三谷尚澄, 後藤正英, 竹山重光 訳

人はなぜ、正しいことをしなくてはならないと思うのか-この根源的な問いに、当代一級の倫理学者が正面からとりくむ。コースガードは近代の道徳哲学の議論を手際よくまとめた上で、現代のアイデンティティ論をふまえた「実践的アイデンティティ」という新しい概念を提案する。コーエン、ゴイス、ネーゲル、ウィリアムズといった英米の著名な倫理学者たちによるコメントと、それへの応答によって議論はさらに深化していく。読者は、スリリングな展開を追うなかで倫理学の基本問題を学ぶことができるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 卓越と義務-西洋形而上学のごく簡潔な歴史(紀元前三八七年から紀元一八八七年まで)
  • 第1講 規範性の問い
  • 第2講 反省に基づく認証
  • 第3講 反省の権威
  • 第4講 価値の起源と義務の範囲
  • 第5講 理性。人間性、道徳法則
  • 第6講 道徳とアイデンティティ
  • 第7講 普遍性と反省する自己
  • 第8講 歴史、道徳反省のテスト
  • 第9講 回答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 義務とアイデンティティの倫理学 : 規範性の源泉
著作者等 Cohen, Gerald Allan
Korsgaard, Christine M.
Korsgaard, Christine Marion
O'Neill, Onora
三谷 尚澄
寺田 俊郎
後藤 正英
竹山 重光
Korsgaard Christine M.
コースガード クリスティーン
書名ヨミ ギム ト アイデンティティ ノ リンリガク : キハンセイ ノ ゲンセン
書名別名 The sources of normativity

Gimu to aidentiti no rinrigaku
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.3
ページ数 360, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4000225391
NCID BA71544986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20771571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想