教育研究のメソドロジー : 学校参加型マインドへのいざない

秋田喜代美, 恒吉僚子, 佐藤学 編

教育の場をより豊かに、より実りあるものへと願う研究者が、自らの軌跡からメソドロジーの理念と方法を解き明かす。心理学・社会学・歴史学などの分野を越境した、教育の場にかかわる様々な教育分野への道標となるテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育の"場"へのいざない(教室のフィールドワークと学校のアクション・リサーチのすすめ
  • 子どもと教師が生きる場(フィールド)の発達研究
  • 学習過程研究としての認知カウンセリング
  • 学校文化を書く-フィールド・プレーヤーとして
  • 研究における「わたくし」の領域と異文化の研究-反省的観察者を模索して
  • フィールド精神でフロンティアをひらく)
  • 第2部 教育の場 研究の系譜と技法(質的調査と学校参加型マインド
  • 数量的方法-フィールド研究でどう生かすか
  • 授業のディスコース分析
  • エスノグラフィー-私と世界との対話 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育研究のメソドロジー : 学校参加型マインドへのいざない
著作者等 佐藤 学
恒吉 僚子
秋田 喜代美
書名ヨミ キョウイク ケンキュウ ノ メソドロジー : ガッコウ サンカガタ マインド エノ イザナイ
書名別名 Kyoiku kenkyu no mesodoroji
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.3
ページ数 276p
大きさ 21cm
ISBN 4130520768
NCID BA71540624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20811829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想