動物たちが開く心の扉 : グリーン・チムニーズの子どもたち

大塚敦子 著

子どもたちの心の闇-十代の少年少女たちによるショッキングな犯罪が起こるたびに、この言葉が持ち出される。心の闇とは何なのか。いったいそれはどこから、どのようにして生まれるのか。なぜ、子どもたちは人を傷つけたのか。アメリカ・ニューヨーク州にあるグリーン・チムニーズは、1947年に開設されて以来、自然や動物たちとのかかわりを、心に傷を負った子どもたちの癒しに積極的に取り入れてきたことで世界的に知られる治療施設だ。さまざまなむずかしさを抱えた六人の子どもたちの物語を軸に、グリーン・チムニーズの取り組みを紹介したい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 野生動物をケアする-カールトン(14歳)(野生動物保護センターで
  • 信頼関係を築くまで ほか)
  • 第2章 農場にて-カール(11歳)、ケイラ(14歳)(里親家庭を転々として育つ
  • 親鳥から隔離されたヒナを世話する ほか)
  • 第3章 馬をめぐる物語-ジョー(12歳)(馬と人の特別な関係性
  • 小さな大学教授 ほか)
  • 第4章 オーガニック・ガーデンの日々-リッキー(13歳)(緑のオアシス
  • ロールモデルを与える ほか)
  • 第5章 介助犬を訓練する-ミシェル(16歳)(ミシェルとブリザード
  • 成功体験を積ませたい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物たちが開く心の扉 : グリーン・チムニーズの子どもたち
著作者等 大塚 敦子
書名ヨミ ドウブツタチ ガ ヒラク ココロ ノ トビラ : グリーン チムニーズ ノ コドモタチ
出版元 岩崎書店
刊行年月 2005.3
ページ数 127p
大きさ 20cm
ISBN 4265801471
NCID BA71515296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20751337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想