君あり、故に我あり : 依存の宣言

サティシュ・クマール 著 ; 尾関修, 尾関沢人 訳

九歳でジャイナ教の修行僧、ガンジー思想にも共鳴し、八千マイルの平和巡礼を行ったインド生まれの思想家は、自然に対する愛を強調した独自の平和の思想を提唱する。デカルト以降、近代の二元論的世界観は対立を助長した。分離する哲学から関係をみる哲学へ。暴力から非暴力へ。思いやりに満ちた心の大切さを力説し、地球は一つと、相互関係・共生関係に基づく平和への新しい展望を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 意味との出会い(自然から学ぶ
  • ヒンズーの心 ほか)
  • 第2部 全体性の探求(世界への復帰(ヴィノーバ・バーヴェと歩く)
  • ソイル、ソウル、ソサイエティ(土、心、社会) ほか)
  • 第3部 インドを巡る旅(イスラム、平和の宗教
  • コントラストの国 ほか)
  • 第4部 関係をみる哲学(「君あり、故に我あり」、敬虔なエコロジー
  • 依存の宣言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 君あり、故に我あり : 依存の宣言
著作者等 Kumar, Satish
Satish Kumar
尾関 修
尾関 沢人
クマール サティシュ
書名ヨミ キミ アリ ユエニ ワレ アリ : イゾン ノ センゲン
書名別名 You are therefore I am
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.4
ページ数 344p
大きさ 15cm
ISBN 406159706X
NCID BA71513166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20770065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想