〈育てる経営〉の戦略 : ポスト成果主義への道

高橋伸夫 著

「客観評価」「評価のフィードバック」を掲げ、給料格差と勤労意欲の連動を信じた成果主義はいちばん大切な人材育成機能を破壊した。いま、企業はどのようなシステムを再構築すべきなのか。「やり過ごし」「尻ぬぐい」など先達の知恵と経営戦略論が明かす"育てる経営"の思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 客観評価の虚妄
  • 第2章 貧困な発想
  • 第3章 『虚妄の成果主義』が批判したもの
  • 第4章 目的はモチベーション
  • 第5章 人的資源は買えない
  • 第6章 競争優位の源泉としての資源・能力蓄積過程
  • 第7章 例解:発明の対価
  • 第8章 育てる経営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈育てる経営〉の戦略 : ポスト成果主義への道
著作者等 高橋 伸夫
書名ヨミ ソダテル ケイエイ ノ センリャク : ポスト セイカ シュギ エノ ミチ
シリーズ名 講談社選書メチエ 328
出版元 講談社
刊行年月 2005.4
ページ数 210p
大きさ 19cm
ISBN 4062583283
NCID BA71510317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20769890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想