占領と平和

道場親信 著

"戦後"はいかにうみだされ、どのように生きられてきたのか-『菊と刀』の抜本的読みなおしなど、膨大な資料を縦横に駆使し、日米合作の占領が作り上げた東アジア冷戦体制とナショナリズムを再審にかけ、反戦平和運動の実践と思想のうちに豊饒な抵抗の歴史を見出す、戦後史研究の新たな展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東アジアの冷戦とナショナリズムの再審
  • 1 『菊と刀』と東アジア冷戦-あるいは「日本文化論」のパターン(研究課題-『菊と刀』
  • 総力戦と科学動員
  • 対日政策の形成と対日心理戦
  • ルース・ベネディクトと『菊と刀』の形成 ほか)
  • 2 「反戦平和」の戦後経験-対話と交流のためのノート(問題関心と視点
  • 東アジア冷戦体制確立期における「反戦平和」(一九四五〜五五年)
  • 「平和共存」と「革新」の時代(一九五三〜一九六四年)
  • ベトナム反戦運動とパラダイムの革新(一九六五〜一九七四年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領と平和
著作者等 道場 親信
書名ヨミ センリョウ ト ヘイワ : センゴ ト ユウ ケイケン
書名別名 〈戦後〉という経験
出版元 青土社
刊行年月 2005.4
ページ数 720, 32p
大きさ 20cm
ISBN 4791761790
NCID BA71497467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20914427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想